PR

深田恭子のピアノの腕前がすごい!ピアノの音色も弾く姿も美しい!

ピアノが弾ける有名人

深田恭子さんが、適応障害になり休まれています。

適応障害は、責任感が強く頑張りすぎてしまう人、周りに気を使いすぎて本音が言えない人に多いそうです。

昔から常に笑顔でテレビの前でにこやかに映っているイメージが強い深田恭子さん。

ゆっくり休まれてほしいですね。

そんな深田恭子さんの癒し系のピアノについてまとめてみました。

深田恭子さんのピアノの腕前は?いつからピアノを始めていたのか?ピアノ経歴

深田恭子さんは、4歳からピアノをならわれていたそうです。

その他にも水泳、習字なども習われていたそうで、

水泳に関しては、平泳ぎの育成選手に選ばれたほどの腕の持ち主!

サーフィンもされますし、泳ぐのは好きということのようです。すごいですよね。サーフィンされる方に話を聞くととても気持ち良いとのことですが、泳ぐのが苦手な私にとっては、怖いものです。

泳ぐのが得意だと色々な趣味が出来るし、健康のためにも泳ぐことはいいみたいなので、うらやましいです!

その他、中学からはクラリネットやサックスもされているようですね。

クラリネットやサックス、そして、ピアノこれだけ聞いてもかなり音楽の腕前がある方ではないでしょうか?

様々な楽器を弾けることはすごいと思います。

ゆっくり休憩している間に、楽器などにも、もし、触れたら触って、自分の時間を楽しんでほしいと思ってしまいますね。


深田恭子さんのピアノの腕前がすごい。過去にはピアノのCDをだしたことや番組で弾いていたことも。

深田恭子さんといえば、実は昔から弾かれていました。

YouTubeでは、15歳の時のピアノも出ています。

そして、CDも出されていて、そのCDでは作曲もされていますね。


ピアノが弾ける=作曲が出来る。

と、なりそうですが、実は、作曲はまた別の勉強が必要です。

ピアノを弾けるからと言って、曲を作ることってできないんですよね。

ピアノを弾くことの基礎は、楽譜を見て、きちんと読めて、楽譜通りに弾くという技術で
作曲するというのは、曲のフレーズを考え、それを音楽的にまとめるという作業が出てきます。

それをここまで作り上げているということは、かなり勉強されていたのではないかと思います。

15歳でピアノを辞めたという情報があるので、小学生の頃に、作曲までを含む、総合的な音楽を学ばれたのではないかな?と思います。

深田恭子さんが作られた曲を聴きましたが、とてもやさしい感じの曲でした。

感受性が豊かな方なのではないかと思います。

そんな深田恭子さんといえば、堂本兄弟で弾かれていました。もう結構前のことなので忘れていましたが、上手でしたね。

この硝子の少年のリズムをピアノでとれるって案外難しいのですが、それを難なくクリアして(練習されたとは思いますが) しかも、きちんと合わせて伴奏が出来ていることがすごいと思います。

そして、この曲だけではなくて、毎回弾かれていた記憶があるので、忙しい日々の中で、ここまでの技術に持ってくるのは、基礎がしっかりできていて、初見などが出来ていないとむずかしいと思います。

なので、やはり昔、きちんと勉強されていたんだなということが分かりますね。

結構な腕前だと思います。


深田恭子さんのピアノの腕前がすごい!インスタではピアノを弾く姿も!

深田恭子さんといえば、CMでも弾かれていますが、数年前にインスタでも弾かれています。

それがこちら

主題歌をその場にあったピアノで弾かれているようです。

これ、耳コピではないか?と思うんですね。確実ではないのですが、、、

簡単にかろやかに、メロディを弾かれ、それに伴奏を自分でつけられている気がします。

個人的に爪が当たっていることを謝られていることに、とてもよい方なんだなと思いました。

ピアノって爪を伸ばして弾くと怒られるんですよね。

それも、ちょっとでも当たると、厳しく注意されます。

厳しい先生だと、爪が伸びていたり、マニキュアを塗っているだけで、破門するといわれます。(一度言われました。誤って許してもらいましたが怖かったです)

なので、きちんと謝られたことは、礼儀をきちんと持たれているという印象です。


総合的に深田恭子さんのピアノの腕前はどれくらいだったのでしょうか?

個人的な主観になりますが、

聴いていてすごく思うのが、深田恭子さんの音は優しいんですね。

しかも顔も美しい。(こちらはあまり関係ないのですが、美しいだけで癒されますよね)

実は、あまり最近弾いてないといわれて音を柔らかく出すって難しいんです。

ピアニストが練習を趣味のように長時間するように、ピアノって弾かないと当たり前のように弾けなくなります。

そして、それを元に戻すためにはかなりの努力が必要です。

ピアノを辞めて、また再開しよう!と思い弾いたことがある方はわかるのではないでしょうか?

なので、彼女にはかなりの基礎があると思います。

そして、作曲が出来る、伴奏が出来る、すぐ弾けるということも含めると、かなりの技術です

ピアノの腕前の判断って難しくて、

聴く人によると思うんですね。

技術がものすごい速く弾くピアノが好きな人

ゆったりと歌うようなピアノを聴くことが好きな人

こうやって腕前って人それぞれだと思います。

が、色々な演奏を聴く限り、彼女の歌うような美しい弾き方というのは、技術がある証拠だと思います。

今はまずはゆっくり休んでほしいと思います。

そしてまた、ゆっくりピアノの音を聴かせていただければと思います。



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました