伊賀拓郎のwikiは?!乃木坂って?大学からアニメまで!【 ピアノ】

ピアニスト

ピアニスト、編曲家の伊賀拓郎(いが・たくろう)さん。

調べれば調べるほど、有名な方との共演などなど色々なすごいことが

わかってくる伊賀拓郎さん!

そんな伊賀拓郎さんのプロフィール、作品や共演歴などはどうなっているのしょうか?

桐島だぁ~!!渋い!お嬢もかわいい!とついつい見入ったPV。何より音楽が美しい!!!



伊賀拓郎の高校や大学、プロフィール(Wiki)は?【ピアノ】

伊賀拓郎さんの経歴はどうなのでしょうか?

伊賀拓郎(いがたくろう)さん 作曲家 編曲家 ピアニスト

福島県出身
1985年10月28日生まれ

国立音楽大学付属音楽高校ピアノ科
国立音楽大学作曲専攻入学。

在学中より、ライブ、レコーディング等の活動を始める

3歳よりピアノを始められた伊賀拓郎さん。

国立音大在学中には、ライブやレコーディングなどの活動も始められ、

テレビ出演時には

ビートたけしさんに天才ピアニストと称された方だとか!

凄いですよね~!

そんな伊賀拓郎さんは題名のない音楽会なども

よく出られています。

題名のない音楽会の収録等もとにかく楽しそう!

高校と大学は国立音楽大学付属音楽高校ピアノ科と

国立音楽大学作曲専攻入学。

大学は中退されたみたいです。

ちなみに、この方とも知り合い!先輩後輩の仲のようです!

菊池亮太さんについてはこちら

菊池亮太の結婚相手は誰?そして弟はけいた。年齢や身長などの経歴は?
菊池亮太さん。何かの曲を検索すると、どのジャンルでも、クラシックでも、色々と出てくる方です。 YouTube登録者数35.6万人。 天才だとよく書かれていてみるし、私自身も菊池亮太さんは本当に天才だと思う方の一人です。 と...

ちなみに、できるジャンルの幅が広く

クラシック、ジャズはもちろんのこと、

ポップス、ロック、ラテン民族音楽まで

対応できるという幅広い音楽が出来る方。

一つでも大変なのに、たくさんあるであろう、民族音楽までって

どれだけの幅なのか、想像つかないくらい広いのではと思います。

ちなみにジャズに関しては、

2006年度浅草JAZZコンテストソロプレーヤー部門でグランプリを受賞。

という、実力もある伊賀拓郎さん

ちなみに、このコンテストは今年40回を迎える歴史あるJAZZコンテストで、

『若手の登竜門』とも呼ばれる、レベルの高い大会なんです!

若手の登竜門なので、かなりすごい方が集まったはず。。

そんな大会でグランプリを受賞するくらいですから、

やはりジャズピアニストとしての腕はピカイチなんですね!

プロフィールにも書いてあるように、音高・音大を卒業していますから、

きっと根底にはクラシックがあるのでしょう。

そんな伊賀拓郎さんだからこそ出来る、

たくさんの音楽のジャンルを色々と組み合わせて

混ざり合うアレンジだからこそ、

テレビやアニメ、アーティストのライブで重宝されるのでしょうね!

伊賀拓郎さんは、アニメの音楽(BGMなど)を作ることについて、、、

アニメのような映像音楽だと、画が動いたり声が入ったり、自分ひとりじゃできないことが積み重なってくるじゃないですか。最終的に完成した作品は、自分の音楽だけじゃない、総合的に組み合わさってできたもので、自分の想像をはるかに超えたものになりますから、それを観ることができるのもうれしいですね。

総合的に組み合わさるのが魅力と語る伊賀拓郎さん。

確かに、画も声も誰かとの組み合わせで出来ているアニメ。

楽しいだけで見ていますがそう考えるとアニメも深いですよね~。

何より伊賀拓郎さんのインタビューで語られている

楽しまれていることが

もっと音楽やアニメを楽しもうということにつながるような気がします!


伊賀拓郎は結婚してる?妻や子供は?

1985年生まれで、今年36歳になる伊賀拓郎さん。

36歳はまだ独身の方もいれば、結婚している方も

いるという半々のイメージ。

さて、伊賀拓郎さんは結婚されているのでしょうか?

結婚されています!

2014年というと、もう8年ほど前になりますね。

20代での結婚なんですね~。

そして、結婚されて2年後の

2016年には新居も?!

なんだか、この写真みるだけでワクワクしちゃいますね~!

コメントで情熱大陸の話をされていますが

情熱大陸で確かに見てみたいですね~!

伊賀拓郎さんの情熱大陸は、

色々と面白そうです!!

そしてお子さんですが、

とかわいいお子さんがいらっしゃるようです。

ここまで愛されているお子さんが幸せですよね。

そんなかわいいお子さんに子守唄も歌われているみたいです。

それにしても絵が上手すぎます~!

様々な子守唄を歌ってすくすく育たれているお子さんの

将来の音楽性がすごそうですね!

こちらも楽しみです。


伊賀拓郎と乃木坂って?

そんな伊賀拓郎さんは

様々な方にアレンジを提供されていますが、

本当に一部のみをあげると

高嶋ちさ子さんから南こうせつさん、スキマスイッチさんなどなど

たくさんの方々にアレンジを提供されています!

楽しそうですね!ちなみに、1枚目の方が分からず探しました!

高嶋ちさ子さんについてはこちら

高嶋ちさ子の子供は?旦那(夫)や親戚など家族は誰がいる?【ヴァイオリ二スト】
超大物ヴァイオリニストといえばこの方! 近年はバラエティ番組でもよくお見かけする、 高嶋ちさ子(たかしま ちさこ)さん。 バラエティでの歯に衣着せぬトークはとても面白く、 ご家族の話題も度々語られる方ですね。 ...

様々なジャンルのアーティストに提供されていることがわかりますが

乃木坂46さんもその中の人グループ!

なんかよいですね~。

この写真の雰囲気!!

ちなみに、キーボードでも参加されたりすることがあるそうです。

この二つのTwitterでわかる、バンドの皆さまの楽しさ!

許される範囲で好き勝手やるという言葉をみても、本当に面白そうです。

いつもは、乃木坂46さんの歌やパフォーマンスに圧倒されていましたが、

これからは、バンドにも注目ですね!


伊賀拓郎のアニメとは?

伊賀拓郎さんが活躍している業界のひとつが、アニメ作品。

参加している作品はテレビアニメや劇場アニメ、

また、主題歌の作曲からキャラクターソング、声優さんのユニットへの曲の提供や

編曲などまで、かなり幅広く活躍されています!

ちなみに、使われている楽器もすごいのです!!

この癒される音楽がこんなにも

たくさんの楽器やフライパンで聞けるなんて、、、

というか、CDももしかしたらフライパンの音が入っているかも?

と思うと、CDの聴き方が変わりそうですよね~。

ついついさがしちゃいそうですね!

ちなみに、ご自分の演奏もYouTubeにあり、こちらはすごかったです。

かっこいい!

YouTube用に多少編曲されているのでしょうが、

これが無料で見れることがすごいですよね!

ピアニストとしてももちろん演奏もすごすぎました!

というかここまでくるとピアノだけではないのですが、

なんでもできる方ですよね~。

そんな演奏も素晴らしい伊賀拓郎さんは

なぜアニメ業界に足を踏み入れたのでしょうか。

最初の頃は都内のライブハウスで、ジャズやラテンのピアノを弾いて生計を立てていたんですけど、(中略)
ある時、呼ばれた先にたまたま、音楽プロデューサーの西辺誠さんがおられたんです。
「艦隊これくしょん -艦これ-」(2015)のレコーディングでした。
その時、西辺さんに「自分はピアノ弾きですけど、アニメの音楽も作りたいんです!」と思い切ってお話したら、「じゃ、作ろうよ」と言ってくださって。

音楽家は一期一会を大切にといいますが、本当にその通りですね!

その『たまたま』が連続してお仕事をしている。

『たまたま』を『たまたま』にせず、どれだけの努力を重ねたんでしょうか。

このツイートをみても、

伊賀拓郎さんの努力が垣間見えますよね。

Twitterではとても楽しそうなツイートをたくさんされていますが、

こうやって読み応えのある内容もあります。

ヒントを頂けそうですね!

様々な音楽を駆使する伊賀拓郎さん。

これからもどんな作品を作ってくれるのか、楽しみです!!!


伊賀拓郎は情熱大陸に出た!?

結論からいいますと、

伊賀拓郎さんは、情熱大陸には出ていません!

が、情熱大陸のアレンジや演奏をたくさんされています。

なぜなら

葉加瀬太郎さんのアレンジャー・キーボードとして活躍しているため。

名曲だからこそ演奏される頻度は高く、

番組やライブのコンセプトやメンバーに合わせて

おなじみのあのメロディーを様々な音楽に変えてしまう伊賀拓郎さん。

次に演奏される『情熱大陸』は、どんなアレンジになるのでしょうか!?

楽しみです!

ちなみに演奏もバイオリンの演奏の動画もありましたが、

面白くて笑いました!!

伊賀拓郎さんの他、題名のない音楽会でのおすすめピアニストをご紹介しています!

題名のない音楽会に出演されたことのあるピアニストをご紹介!
『題名のない音楽会』といえば、もう歴史の長い番組ですね! 1964年8月にテレビ東京で始まり、1966年4月よりテレビ朝日が 放映し始めて、早58年(テレビ朝日に移ってからは56年。) 小さい頃から当たり前のようにある番組...

伊賀拓郎さんの情熱大陸の出演と、たくさんのアレンジや曲が

これからも楽しみです!


コメント

タイトルとURLをコピーしました