田中彩子は結婚している? 旦那や実家、面白さの理由とは!?

ピアノ以外の演奏家

近年飛ぶ鳥を落とす勢いのソプラニスト、

田中彩子(たなか あやこ)さん。

『世界が尊敬する100』

に選ばれた世界的歌手は結婚されているのでしょうか?

そんな田中彩子さんの気になるプライベートの結婚や夫、実家など

調べてみました。

そして、面白いと言われている田中彩子さんの

面白さのワケに迫ります!

年末は素敵な歌声に癒されそうです!

田中彩子の経歴は?

田中 彩子(たなか あやこ)さん

1984年2月23日生まれ 37歳
京都府出身ウィーン在住

3歳からピアノを学ぶ。
18歳で単身ウィーンに留学。

22歳のとき、スイス ベルン州立歌劇場にて、同劇場日本人初、且つ最年少でソリスト・デビューを飾る。

2019年 Newsweek誌 「世界が尊敬する日本人100」に選ばれる。

なんと、18歳で単身ウィーンに…!

田中彩子さんは、もともとピアニストに

なろうと思われてたそうです。

が、しかし、ご自分の手が小さくてピアニストには向かないことがわかったそう。

手が小さくてピアニストから転向する方は

聞いたことがありますが、

田中彩子さんもだったなんてびっくりですね。

しかし、17歳のことに

「君はコロラトゥーラ・ソプラノだね」

と言われ、歌の道にいかれたそうです。

ちなみに、その後、進まれた道はウィーン。

高校3年生の時に、「ここにいるべきだ」と確信めいたものを抱かれたそう。

ちなみに、ウィーンでは音大には通われていません。

歌の基礎をゆっくり勉強したかったそう

で個人レッスンを受けられていたそうです。

進路がわからず、精神的に追い詰められて

声が出なくなってしまった時期もあるとか。

留学先での苦労が何となくですが、伝わってきますね。

そんな田中彩子さんは

決めたらウジウジ悩まないタイプらしいので即決だそうです!

かっこいい!

そして、ウィーンに留学してから4年後、

22歳の時に、スイスのベルン州立歌劇場に《フィガロの結婚》のバルバリーナ役

でデビューをされています。

そんな田中彩子さんはソプラノ歌手ですが、

コロラトゥーラを得意とするソプラノ歌手です。

コロラトゥーラというのは歌のテクニックのこと。

例えば、難しいと有名なこの曲!

本当にかっこいい!

大好きな曲です!

名歌手エッダ・モーザーに

「人生の中でそう聴けることのない素晴らしい声」

と、絶賛された田中彩子さん。

本当にかっこよくて、聴けて幸せを感じる歌声です。

そんな音楽ひとすじの田中彩子さん、プライベートはどのようになっているのでしょうか…?

田中彩子は面白い?!

田中彩子さんはSNSやネット上の記事などで、

度々「面白い」と表現されます。

その理由は喋り方にあるそうで…、

それはこちらの動画で分かります!

…確かに、面白いと言われればそうかもしれません。

が、かわいいといえば、可愛らしい話し方にも聞こえますよね~。

落ち着いた雰囲気の話し方で

癒される声でもありますね。

そして、面白いというより、

カタコトな日本語なだけにも聞こえます。

こちらは、長い海外生活で

日本語を使われることがなかったため

日本語を忘れて?苦手なようです。

それでも、美人な方がこのように一生懸命に話す話し方は

ほっこりしますね~。

田中彩子はモデルもしてる?

田中彩子さんを検索すると、『田中彩子 モデル』とでてきます!

歌手の田中彩子さんはモデルとしても活動している…!?

確かにお綺麗ですし、

モデルをされていても問題はないプロポーションと顔立ちですが、

実はそうではありません!

同姓同名の読者モデルで田中彩子さんがいます。

VERYの読者モデルさんをされていて、

人気インスタグラマーで

バッグやお洋服を取り扱っているお店もされているそうです。

こちらの田中彩子さんも

美人な方で人気もあり、

なんでもできる実力がある方ですごいですね!

田中彩子さんは、

お二方ともとても頑張られていて

活躍されている方々でした!

これからもモデルの田中彩子さんも頑張っていただきたいです!!

インスタグラム、とても素敵でした~。

 

田中彩子は結婚している?旦那は?

一時期も噂になったそうですが、

やはり美人な方だと気になるのは、

やはりご主人だったり結婚しているのか?ということ。

ですが、

田中彩子さんは現在結婚しておらず、結婚歴もないようです。

現在は、

音楽の為に生活をし、音楽に人生を捧げているのでしょうね!

もしかしたら、旦那での検索はモデルの田中彩子さんかもしれませんね。

また何かあれば追記します!

田中彩子プロデュース、モノオペラ《ガラシャ》

田中彩子さんは、歌の技術と人脈、そして自身の理念を元に、

チャリティープロジェクトを立ち上げています!

このガラシャは2020年に京都の上賀茂神社で

モノオペラが初演されていて、

2022年は東京・国立能楽堂で「能楽堂版」が初演されます。

「ガラシャ」とは、名将 明智光秀の娘。

結婚し、色々ありキリシタンとなり、「ガラシャ」という名前になりました。

なぜガラシャを題材にされたのかというと

昔、細川ガラシャをたたえたオペラがウィーンで上演されたことと

マリーアントワネットが処刑される前にガラシャのように。。。と書き送ったからだそう!

凄いですよね~。まさかのマリーアントワネットも

細川ガラシャを知っているなんて!

なので日本人も共感できて、

ヨーロッパの人が興味を惹かれるものとして作られたそうです。

ほんと、へぇ~という歴史がオペラで知れることは

嬉しいですね!

そんなガラシャの作曲は

日本の方ではなく、アルゼンチン生まれでフランスで活躍されている

作曲家の方が考えられた曲という

斬新なアイディアが

取り入れられたものになっています!

そんな戦国の女性、ガラシャを演じる田中彩子さんは、

インタビューでこう答えています。

ゼロから自分の手でオペラのプロジェクトを立ち上げたい、それも日本を題材としたものを……という気持ちも、以前から温めてきたものです。

ヨーロッパで活躍しながら、日本のことを思い続けていたのですね。

なんだか嬉しいですよね~!

そしてこのオペラは、

現在、様々なところでいわれているSDGs

(国連サミットで採択された持続可能な開発目標)

の理念を組み込んだ、初のオペラとなっています。

音楽とSDGsという、あまり考え付かないような理念を

考え実行する強さがすごい!

このガラシャは、劇場のない国、照明器具がない場所、

野外など、どんな場所でも上演でき

藍染めのとばりという布1枚で舞台を作られています。

このとばりは、環境を汚染しない製法で作られているそうです。

こうやって、SDGsを考え作られています。

また、どこの国でも演奏できるような工夫は、言語にもありました。

言葉の壁を排するために会話がなく、ガラシャは言葉のないヴォカリーズ、小笠原少斎は上演現地の言語で「語る」役どころだ。

言葉が壁になってはならないという思いが

田中彩子さんにはあるようですね。

そのやさしさが伝わってきますね!

そして、このコンサートの純益は、難民支援などの活動に充てられるそうです。

上質な音楽、演劇を、最大限環境に良い状態で上演し、売上は寄付に回す。

田中彩子さんは音楽家として感動を与えながら、

世界にも貢献する、素晴らしいソプラニストですね!

そして、ピアノはベヒシュタイン。

協力会社としてこの活動に参加されています。

こうやって、様々な企業とともに、活動されている田中彩子さん。

その考えの広さにすごいなぁと尊敬します。

「パンを買うつもりで2ユーロ持っていたのですが、美しい歌を聞いて感動したので2ユーロお支払いしました。素晴らしい時間をありがとう」とおっしゃるんですよ。もちろん嬉しくもありましたが、その女性がパンを諦めてまで音楽を選んでくれたことは、私にとって衝撃でした。

この出会いによって、私が歌っている行為と時間は自分が思う以上に大きな影響があり、もっと大事にしなければならないんだ、音楽の力をもっと自覚しなければならないんだと気付かされました。

こうやって、様々なことを真剣に考えられる田中彩子さん。

チャリティーオペラなど

音楽を通して何が出来るのかを考えるその姿は

本当に様々なことを考えさせられると思います。

これからも楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました